FC2ブログ

花火の撮り方

2010年08月10日 23:00

曇りのち時々晴れ
携帯端末の作例(その3) ← 綺麗に撮りたい。
   (CX1)

ハッキリ言って、私は大した腕がある訳じゃありません。
でも、自信だけはある!(`・ω・´)エッヘン!

・・・まあ、戯言は聞き流して下さい(苦笑)。
日本各地では、まだまだ多くの花火大会の開催が予定されています。東京だと、今週末の8月14日(土)に第23回東京湾大華火祭もありますし、地元の松戸市近隣だと第34回流山花火大会もあります。
そんな訳で、自分の忘備も兼ねた花火の撮影方法のおさらいをしようと思います。

1.)撮影モードを設定する。
これは大切な事です。
普段はデジカメ任せの「オート撮影モード」で撮っている人も、最低限「花火撮影モード」「夜景モード」に切り替えましょう。リコー製デジカメ「花火撮影モード」のないコンデジの場合はISO感度64~80と低めにして、ホワイトバランス(W/B)は「屋外」(太陽マーク)に。また撮影設定メニューから[長時間露光]を選択して、1秒~4秒の範囲で露光時間を設定しましょう。
[フォーカス]の設定が可能なら、無限遠(∞)にします。こういう時の為に説明書を読んでおくと、色々と応用が利くんですよ。(*^ー゚)b
2.)カメラは必ず固定する。
花火を撮る時はシャッタースピードが1秒以上になるので、手ぶれ補正を設定してあっても意味がありません(キャンセルされてしまいます)。
上記の操作で最短露光時間に設定した1秒だって、短いようで案外長いんです・・・ですから、デジカメ三脚に固定するか、デジカメが動かないよう何処かに押し当てて撮影しましょう。硬い物に押し当てる場合は、ハンカチなどでデジカメが傷付かないように保護して下さい。
花火手持ち撮影は、やって出来ない事はありません。しかし本当に厳しいので、お薦め出来ませんね。
3.)少し早めにシャッターを押す。
>「花火が開く瞬間にシャッターを押す」事が大切です。
これは実際の作例をご覧になって頂いた方がいいでしょうね。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
スポンサーサイト



[ 続きを読む ]

松戸花火大会 in 2010(その2)

2010年08月09日 23:00

雨のち曇り(一時晴れ)
昨日からのつづきです。
世の中便利になったもので(笑)、花火を撮影する時のポイントはちょっと検索すれば、カメラメーカー各社個人ホームページブログなどに親切丁寧な撮影方法が書いてありますし、最近のコンパクトデジタルカメラは、メーカーによって「花火撮影モード」なんてモードまであったりします。
花火(その1) ← 数発目の花火
   (CX1)

リコー製デジカメ「花火撮影モード」なんて気の利いたモードはありませんし、そんなモードが付いていないコンデジでも、セオリー通りの設定をキッチリ守れば、十分に花火撮影は可能です
さて、松戸花火大会の打ち上げ開始時刻になり、スターマインが一斉に打ち上がりました・・・ところが私のCX1の先に、既に出来上がっていたオッサンが興奮して立ち上がってしまい、見事アウトになったのでした。orz
何発か続き、オッサンが周囲の人たちに注意されて座った後の花火が左の画像のものです。
花火(その2)
花火の音と歓声が響きます。 → 
(CX1)     
しかし、やや強い南寄りの風の影響で、開いた「花」が風で流されてしまうのは、気象現象ですから、どうしようもない・・・また、細い三脚が風に煽られて揺れてしまい、花火輝線が少々ジグザグになってしまいます・・・何とかしたかったのですが、ウェイトになるようなものはなく、仕方がないので諦めるしかありませんから、そのまま撮影を続行しました。もっと下流の葛飾橋方面で撮影すれば、風下側に当たるのでよかったのでしょうね。

まあ、そんな私の考えには関係なく(苦笑)、花火はどんどん打ち上げられ、打ち上がった花火が開く度に歓声が上がり、拍手が湧き起こります。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

松戸花火大会 in 2010

2010年08月08日 23:00

晴れのち曇り
昨日はお盆前最後の土曜日という事で、地方出身者が多い埼玉、千葉、東京、神奈川などの各都県では、多くの花火大会が開催されていました。
私もかなり久し振り(10年くらいかな?)に、地元・松戸市松戸花火大会を観に行って来ました。
松戸駅・新京成乗換え口から ← 凄い人出です。
   (F-01B)

実家にいた時は打ち上げ場所の江戸川の河川敷まで100数十メートルほどだったので、さして気にしてなかったのですが、現在は数駅離れた場所から向かう事になります。
駅から江戸川に向かう途中にあるコンビニなどは、冷えた飲料は全滅だろうと、アパートから水筒を持ち、こちらのコンビニで温くなっても飲めるお茶と、軽い食料を買って向かいました。
遊歩道の人々
江戸川堤防の遊歩道 → 
(F-01B)     
実家に顔を出してから、江戸川の堤防へ。
規模は1万発以下と小さめですが、やっぱり人出はかなりあります・・・実家の誰も行かないから場所取りもしてないので、遊歩道すぐの、空いている場所に荷物を置いて、撮影場所の確保をしました。
一見、空いているように見えても、低い位置に荷造り用ビニール紐を使ってペグで(勝手に)区画を切ってあったりして、下手をすると転びかねないんですよね。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]