FC2ブログ

28年目

2013年08月12日 18:56

晴れ時々曇り(一時雷雨)
飛び去る日航123便(イメージ) ← 飛び去る123便
 (イメージ)

今年もまた8月12日が巡って来ました。
近くの砂防ダム工事用道路が近道として開放されましたが、やはり高齢となったご遺族の方々が事故現場に建立された「昇魂之碑」を目指す慰霊登山を断念するケースも多いと聞きます。
慰霊登山を断念し、「慰霊の園」で合掌するご遺族の心情を慮ると、居た堪れない気分になりますよ。

私は例年通り、今年も推定墜落時刻の18時56分30秒には、群馬県多野郡上野村にある高天原山「御巣鷹の尾根」の方角に向かって静かに合掌しつつ黙祷を捧げて、歿くなられた520名の皆さんのご冥福をお祈りさせて頂きます。
スポンサーサイト



[ 続きを読む ]

テネリフェの悲劇

2013年03月27日 21:00

雨のち曇り
36年前の1977年(昭和52年)3月27日は、世界の航空史上最悪の航空事故が、スペイン領カナリア諸島テネリフェ島にあるロス・ロデオス空港(TFN、テネリフェ・ノルテ空港。以下テネリフェ空港)で発生しました。

↑ テネリフェ空港の概略図
この事故は霧の漂う滑走路(ランウェイ:Runway)をタキシング中のパン・アメリカン航空(パンナム)の1736便(ボーイング747-100型機、乗員16人、乗客380人)に、離陸許可が下りたと勘違いして離陸を開始したKLMオランダ航空(KLM)の4805便(ボーイング747-200型機、乗員14人、乗客234人)が衝突後に爆発炎上して、双方合わせて583人が死亡した事故で、「テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故」とか「テネリフェの悲劇」「テネリフェの惨事」などと呼ばれています。

この日、カナリア諸島(アフリカ北西部沖にある、大小10ほどの島嶼群)のグラン・カナリア島にあるグラン・カナリア空港(ラス・パルマス空港:LPA)は、カナリア諸島の分離独立を目指す過激派組織の爆弾テロ事件と、もう1発の爆弾を仕掛けていると云う爆弾テロ予告で閉鎖されていました。
ラス・パルマス空港が目的地だったパンナム機“クリッパー・ヴィクター号”と、KLM機“ライン号”は、テネリフェ空港ダイバート(代替空港への着陸)する事になりました。

↑ 事故を起こしたKLMのB747-200型機(左)とパンナムのB747-100型機 (同型機)
テネリフェ空港は、東南東から西北西に伸びる3,400mの滑走路1本と、滑走路に平行する1本の誘導路(タクシーウェイ:Taxiway)があるだけのローカル空港で、標高が600mほどあり、海流と標高の影響で、雲や霧で覆われる事の多い空港です。

アムステルダム発(AMS、スキポール空港)のKLM機テネリフェ空港に着陸したのが、現地時間の13時44分、この時点で空港ターミナル前にある駐機場(エプロン)は10機以上が駐機していて、KLM機は仕方なく西北西側にある一時駐機場所に移動しました。ロサンゼルス発(LAX、ロサンゼルス国際空港)ニューヨーク経由(JFK、ジョン・F・ケネディ国際空港)のパンナム機が到着したのは約30分後で、やはり一時駐機場所に移動して、ラス・パルマス空港の再開を待つ事になりました。
[ 続きを読む ]
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。

27年目の夏

2012年08月12日 18:56

飛び去る日航123便(イメージ) ← 飛び去る123便
 (イメージ)

今年もまた8月12日が巡って来ました。
昨年は二十七回忌でしたが、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)があった影響もあって、それほど特集記事や特番などは組まれませんでした…風化させたくない事故ですが、日々起こる凶悪な事件や悲惨な事故の報道で、去年の東日本大震災ですら、何だかぼやけて来ている印象があるのが現状ですしね。

ご遺族の方々の高齢化が進んでいる現在、近くの砂防ダムの工事用道路が近道として開放されたとは云え、やはり事故現場に建立された「昇魂之碑」を目指す慰霊登山を断念するご遺族も多いと聞きます。

慰霊登山を断念し、「慰霊の園」で合掌するご遺族の心情を慮ると、居た堪れない気分です。

私は例年通り、今年も推定墜落時刻の18時56分30秒には、高天原山「御巣鷹の尾根」の方角に向かって静かに合掌して、歿くなられた520名の皆さんのご冥福をお祈りさせてもらいます。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]