FC2ブログ

ちょこっとクルーズ

2011年02月05日 23:55

晴れのち時々曇り
今日は早朝から東京スカイツリーを撮りにいってましたが、春霞みで視程がイマイチ、スカイツリーもボンヤリと霞んじゃってました。(´・ω・`)
昼食を摂った後、以前から乗ってみたかった東京都観光汽船「ちょこっとクルーズ」で、隅田川の上からスカイツリーを撮ってみました。
“Urban Launch III”から見た花川戸鉄橋 ← 後部デッキから
   (CX1)

この「ちょこっとクルーズ」に使われているのは“Urban Launch III”という、東京都観光汽船の関連会社観光汽船興業(株)の船。
普段は芝浦やお台場、豊洲などで運行していますが、が500mを超えた昨年から、土日祝祭日に限って大人500円(子供は半額)で20分~25分ほどの隅田川クルーズを行っているんです。
離岸
離岸しました。 → 
(注釈)
     
いやー、CX1電子水準器が振れる振れる(苦笑)。
隅田川って船舶の航行量が多いから、揺れが少ないとされている双胴船でも、海と違ってどうしても横波を受けざるを得ないですからね。停まっていると、思っていた以上にピッチングヨーイングがあります。
全長がヒミコ竜馬リバータウンなどの2/3くらい(もっと短いかも)ですから、狭い運河なら兎も角、狭いようで100mを超える川幅の隅田川では、無理もないでしょうね。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
スポンサーサイト



[ 続きを読む ]

たぶん、569m PartIV

2011年01月27日 23:55

晴れ時々曇り
昨日昨日(1月26日)からのつづきです。

CX1で撮った、1月24日の東京スカイツリーの表情です。
本日は画像がメインです(笑)。
吾妻橋西詰めから見たスカイツリーと吾妻橋ビル群
↑ (CX1/トリミング)
吾妻橋の西詰め、東京メトロ銀座線浅草駅4番出入口から出てすぐの撮影ポイントから。
反対側の橋詰めには平日でもこの人だかりです。左の方にTV局のクルー(局は不明)がいました。
“リバータウン”とスカイツリーと吾妻橋ビル群
↑ (CX1/トリミング)
東京都観光汽船水上バスターミナルに到着する“リバータウン”です。
こう云う画って、好きなんですよね(笑)。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

快晴の下のスカイツリー

2010年11月04日 23:45

曇り(のち時々晴れ)
前回つづきです。
小梅橋から ← 小梅橋から。
   (CX1)

源森橋から路地を通って小梅橋へ。
意外と知られていないんですが、左手に写っているビルに東武タワースカイツリー(株)が入っています。→ 証拠画像(笑)。
画面の下にチラッと写っているのが暗渠になっている「北十間川樋門」で、墨田区はここを観光用遊覧船が通れる閘門にしたい考え。
でも、東京都「巨費が掛かる上に、都民の賛同を得にくい」として否定的な意見だし、反対運動も起きているようです。
ほぼ北側から
防護庇はデカイ → 
(CX1)     
言問通りを渡り、業平橋駅ガードを潜って、東武鉄道(伊勢崎線)の北側の路地へ。この位置が東京スカイツリーの、ほぼ真北になります。スカイツリーは正三角形ですが、北十間川に合わせる為に、微妙にズレているんですよね。
業平橋駅電留線は比較的古い駅施設で、元の浅草駅(苦笑)。古いタイプの架線柱施設があったりして、“てつ”の目にも楽しい駅施設なんですよね。“てつ”分少なめの方や、“てつ”分ゼロの方でも「あれ?」と思うものがあったりします(笑)。
通常の28mm相当の画像DW-4を取り付けた22mm相当の画像
↑ 押上踏切(大踏切)そばの撮影広場から (CX1)
“てつ”以外の一部の方々も訪れる事が多くなった、押上踏切(大踏切)そばの撮影広場
撮影台も設置され、“てつ”分多めの方も、ここでスカイツリー東武電車を絡めた撮影をする人が増えました・・・でも、押上踏切で、遮断機から乗り出して、危険な撮影を行っているオッサンも多いですね。どうも東武鉄道2011年カレンダースカイツリースペーシアの画を意識しているようですが・・・。
ちょっとアングルがズレちゃいましたが、CX1標準の35mmフィルム換算で28mm相当で撮った画像(左)と、0.8×のワイコン(DW-4)取り付けて(苦笑)、22mm相当で撮影したものの作例です。
22mm相当レンズ収差がすごい事がよく判ると思います。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

大暑

2010年07月23日 23:23

晴れのち曇り
今朝(06時06分)の地震は、茨城県鹿嶋市で震度5弱を記録した他、関東地方を中心に、東北地方南部から中部地方の一部にかけて震度4~1を観測しました。けっこう揺れたのに、ニュースを見るまで地震があった事を知らない知人がいたりして、ちょっと苦笑いしちゃいました。

さて、話は変わって・・・今日は二十四節気のひとつ、「大暑」です。
広辞苑によると・・・
たい-しょ【大暑】
(1)きびしい暑さ。酷暑。極暑。
(2)二十四節気の一。太陽の黄経が120度の時で、6月の中(ちゅう)。太陽暦では7月23日頃に当り、暑さが最もきびしい。<[季]夏>。
→小暑
・・・という事で、ここ数日間の暑さは半端じゃありませんねェ。
そんな訳で、、当Blogをご覧の皆様には、ささやかながら暑中見舞いをお届けします。
2010年暑中見舞い
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

両国橋から蔵前橋へ ~ 隅田川テラス ~

2010年07月14日 23:45

曇り
柳橋から ← すごい雲です。
   (CX1)

今年の東京地方の日没時間は19時01分頃です。
日没時間が約15分後に迫った頃、私は両国橋から神田川隅田川に合流する柳橋を渡ろうとしていました。
その時、ふと西の方を見ると、夕陽が雲を透かしている光景が。「これも一応は夕焼けなんだろうなァ」などと思いながらシャッターを切りました。
またアワータウンだ
何回目?(苦笑) → 
(CX1)     
JR総武線のガード下を通ってすぐの路地が隅田川テラスへのデッキになります。
何枚か撮影していたら、また“アワータウン”日の出桟橋方面に向けて隅田川を南下して来ました。1・2階席の窓の間の照明が、川面に映えてなかなか綺麗です・・・って、画像じゃよく判りませんね(苦笑)。
たぶん、これが浅草発の最終便のはずですが・・・この時間帯って、確か夏休みからじゃなかったっけ?
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!

[ 続きを読む ]

新大橋から両国橋へ ~ 隅田川テラス ~

2010年07月13日 23:45

曇り時々雨
新大橋を潜るヒミコ ← 新大橋と“ヒミコ”
   (CX1)

新大橋を潜ってお台場海浜公園方面へ去っていく“ヒミコ”を見送って、北上を続ける事にします。
隅田川の堤防は、所謂「カミソリ堤防」になっているんですが、近隣住民の憩いの場として隅田川テラスが整備されつつある訳です。
ドッグランがあったり、様々なタイプのベンチ植え込みがあったり、親水広場や水質改善の為のアシ田が設けられていたり・・・ただ、折角の親水広場も、かなりのゴミが流れ込んでいて、水に親しむ気分にはなれないですね(苦笑)。
屋形船と高層マンションと
す、隙間から orz → 
(CX1)     
北上しながら東京スカイツリーが見えるポイントを探す訳ですが、そのポイントはすぐ先にありました・・・なんとまあ、対岸にある2棟の高層マンション(調べたら『東京アインスリバーサイドタワー』と『クレッセント東京ビュータワー』だそうです)の間から、スカイツリーがよく見えるじゃないですか!
もうちょっと早く辿り着いていれば、ここで“ヒミコ”が撮れたのに。
でも、日没まで行けるところまで行きたいので、どんな水上バスが来てもその場で撮る事に決めて、先を急ぐ事にします。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

清洲橋から新大橋へ ~ 隅田川テラス ~

2010年07月12日 23:55

雨時々曇り
今日になって昨日の記事を読み返して気付いたのですが・・・橋の全景撮り忘れてるじゃん!<(゚口゚;)>

ま、撮ってないものは仕方がない。また改めて紹介しますよ。
ネタも増えますしね。(ぁ
東京スカイツリーとアワータウン ← いい位置に広告が・・・
   (CX1)

厳密に言うと、隅田川大橋から清洲橋までは隅田川テラスを歩いていません。
喉が渇いたので、自販機コンビニを探して歩いていたんです。また戻るのも時間のムダなので、清洲橋に向かっちゃいました。
清洲橋に出たところで、東京都観光汽船水上バス“アワータウン”隅田川を下って来ました。
アワータウン
“アワータウン” → 
(CX1)     
“アワータウン”はぐんぐん近付いて来て、仙台堀川の水門前を横切り、清洲橋の下を潜って見えなくなりました。東京都観光汽船水上バスは、基本的に隅田川ルートでは屋上デッキには上がれないんですよね。
隅田川に架かるそれぞれの橋の桁下が低いからなんです。その代わり、2階式構造に造られているものが多いんですよ。この“アワータウン”や、姉妹船の“ユアータウン”など、多くの水上バスが2階式構造になっています。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]