FC2ブログ

東武大師線と未成線・西板線

2013年01月04日 21:21

曇り
東武大師線は、東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)の西新井駅から、西新井大師(五智山 遍照院 總持寺;ごちざん へんじょういん そうじじ)のある大師前駅との間を結ぶ、1kmの単線路線です。

ただ単に「大師線」と言うと、沿線に「関東の厄除け三大師」の一つ川崎大師(金剛山 金乗院 平間寺;こんごうさん きんじょういん へいけんじ)や、奇祭「かなまら祭り」で有名な金山神社(若宮八幡宮の境内にある)がある京浜急行の「大師線」(京急川崎駅~小島新田駅間4.5km)もあるので、基本的に「東武大師線」「京急大師線」と、社名を冠して呼ぶのが鉄道ファンの慣例です(笑)。
大師前駅に進入する8000系
使われている電車は東武8000系電車です。
運転士だけのワンマン運転用に改造されています。都内では東武大師線の他に亀戸線(曳舟駅~亀戸駅間)がこの電車。後は東武小泉線(館林駅~西小泉駅間、東小泉駅~太田駅間)と佐野線(館林駅~葛生駅間)、桐生線(太田駅~赤城駅間)に使われていますね。
大師前駅ホームに停車中の8000系
「あけましておめでとう!2013」と書かれた新年のステッカー式ヘッドマークが貼られています。
「あけましておめでとう!2013」ヘッドマークこちらが貼られているヘッドマークです。星が散りばめられた晴れ着を着ているソラカラちゃん獅子舞いの装束を持ったスコブルブル、そしてハートが散りばめられた晴れ着を着たテッペンペンが並んでいます。

…こう言っちゃなんだけど、ソラカラちゃんたちって人気があるんでしょうかね?A^ω^;)

ところで…この東武大師線は、元々西新井駅東武東上線上板橋駅を結ぶ「西板線」と云う路線になるはずだったんですが、ご存知でしょうか?
スポンサーサイト



[ 続きを読む ]

快晴の下のスカイツリー

2010年11月04日 23:45

曇り(のち時々晴れ)
前回つづきです。
小梅橋から ← 小梅橋から。
   (CX1)

源森橋から路地を通って小梅橋へ。
意外と知られていないんですが、左手に写っているビルに東武タワースカイツリー(株)が入っています。→ 証拠画像(笑)。
画面の下にチラッと写っているのが暗渠になっている「北十間川樋門」で、墨田区はここを観光用遊覧船が通れる閘門にしたい考え。
でも、東京都「巨費が掛かる上に、都民の賛同を得にくい」として否定的な意見だし、反対運動も起きているようです。
ほぼ北側から
防護庇はデカイ → 
(CX1)     
言問通りを渡り、業平橋駅ガードを潜って、東武鉄道(伊勢崎線)の北側の路地へ。この位置が東京スカイツリーの、ほぼ真北になります。スカイツリーは正三角形ですが、北十間川に合わせる為に、微妙にズレているんですよね。
業平橋駅電留線は比較的古い駅施設で、元の浅草駅(苦笑)。古いタイプの架線柱施設があったりして、“てつ”の目にも楽しい駅施設なんですよね。“てつ”分少なめの方や、“てつ”分ゼロの方でも「あれ?」と思うものがあったりします(笑)。
通常の28mm相当の画像DW-4を取り付けた22mm相当の画像
↑ 押上踏切(大踏切)そばの撮影広場から (CX1)
“てつ”以外の一部の方々も訪れる事が多くなった、押上踏切(大踏切)そばの撮影広場
撮影台も設置され、“てつ”分多めの方も、ここでスカイツリー東武電車を絡めた撮影をする人が増えました・・・でも、押上踏切で、遮断機から乗り出して、危険な撮影を行っているオッサンも多いですね。どうも東武鉄道2011年カレンダースカイツリースペーシアの画を意識しているようですが・・・。
ちょっとアングルがズレちゃいましたが、CX1標準の35mmフィルム換算で28mm相当で撮った画像(左)と、0.8×のワイコン(DW-4)取り付けて(苦笑)、22mm相当で撮影したものの作例です。
22mm相当レンズ収差がすごい事がよく判ると思います。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

払暁の東京スカイツリー

2010年11月03日 23:55

晴れ時々曇り
夜明け前のスカイツリー ← 夜明け前のスカイツリー
   (CX1)

11月3日は「ゴジラの誕生日」なんですが、世間一般では「文花の日」と誤魔化しています。騙されてはいけませんよ・・・
なんて事はどうでもいいんですが(ぁ)、始発電車で業平橋駅まで行き、5時22分頃から東京スカイツリーの撮影を開始しました。先行区のタワークレーン上には、新月間近の細い月が煌々と輝いていて、肌寒さを10%はアップさせてくれますね(苦笑)。
業平橋駅ホームで数枚撮った後は、駅を出て言問通りを通って、言問橋を渡り、台東区へ。
台東区立墨田公園から
台東区・言問橋近くから → 
(CX1)     
言問橋を渡ったところに台東区立墨田公園があります。
公園出入口すぐにある、東京大空襲で歿って方たちの供養塔に手を合わせてから撮影開始。「ドーン・パープル」(夜明けの紫)って言いますが、夜から明け方にかけての空の色の移ろいは、いつ見ても綺麗です。スカイツリー上空に懸かる月が綺麗に冴えています。
こういう時間に写真が撮れる人間の特権といってもいいのかも知れません。
夜明け直前の第1展望台 ← 夜明け直前の第1展望台
   (CX1)

夜明け直前の第1展望台と、建造が始まった第2展望台の様子です。
ちょっと判りにくいですが、ブルーの垂直養生カーテンウォールが膨らんでいる部分が第2展望台になります。第1展望台に掛かっていたはほぼ取り外され、ガラスや外壁材が現れていますね。
ユリカモメが1羽、画面の中を横切っています。
スカイツリー前を横切る野鳥の群れと墨堤公園、首都高6号線スカイツリー高層棟、その周囲のビルや言問橋(右下側)、そして首都高速6号線です。
スカイツリーの前を野鳥の一群が通っていますが、判りますかね?
夜明け前後は野鳥が餌場へ移動する時間帯です。夜間、物が見えにくい事を「鳥目」といいますが、単に野鳥は危険を冒すよりは安全に物が確認出来る時間を選んでいるだけ。ちゃんと夜でも見えてるんです。

隅田川テラスから見た隅田川の「逆さツリー」 ← 「逆さツリー」by隅田川
   (CX1)

隅田川テラスに降りて、少し下流の花川戸鉄橋方面へ歩きます。
白んで来た空と、スカイツリーのシルエットが映り込んだ隅田川の水面は、鏡のように穏やかでした・・・この画像には写っていませんが、1羽のカモが、隅田川の流れに逆らって泳いでいました。
残念ながら、綺麗に「逆さツリー」が撮れたのはCX1携帯電話で撮った数枚だけでした。
花川戸鉄橋と“りょうもう”とスカイツリーアスペクト比16:9(1,080×1,920px)でトリミング。
↑ 通常画面とFull-HDでトリミング (CX1)
この場所(言問橋~花川戸鉄橋間)で撮影していたら、レジャー用モーターボートが通過して、隅田川の水面は曳き波で乱れてしまったからです。(´・ω・`)
この後は漁船砂利運搬用タグボートなどが通る時間帯になるので、「逆さツリー」が撮れるのもここまで。諦めて、撮影場所を花川戸鉄橋~吾妻橋間に移しました。
花川戸鉄橋を潜ってすぐに東武鉄道の特急電車“りょうもう”(200系)浅草駅へ入線して行きます・・・油断していたので、連写モードに切り替え忘れていたので、この1枚と“りょうもう”の先頭部が見切れてしまった1枚だけorz
アングル的にはもう少しスカイツリーを中心にして、波で乱れた隅田川よりも空を大きめに取り、レンズ収差も利用して花川戸鉄橋をパース付きにしたかったんですけどね。
その理想としてFull-HDタイプ(16:9)にトリミングしてみたのが、右の画像です。

そして、この撮影位置から右側に目を転じると・・・・・・
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

東京スカイツリーLED照明性能試験

2010年10月13日 23:55

曇り一時雨
今日(10月13日)は東京スカイツリーLED照明性能試験が行われる、という事で、東武鉄道(伊勢崎線)業平橋駅から吾妻橋までを撮影して来ました。
点灯前のスカイツリー ← 業平橋駅から
   (CX1)

twitterハッシュタグ #skytreeには様々な情報が流れていましたが、ほぼ正三角形になるスカイツリー南西側に50基のLED照明が点灯される・・・という情報を見逃した人たちは南東側になる京成橋十間橋などで陣取り合戦を繰り広げていたようです。
しかし点灯予定時間前から雨が降り出してしまい、翌14日に順延になるかと思われました・・・しかし集まったみんなの願いが天に通じたのか、10分くらい前からほとんど止んで、後は点灯が決行されるかどうかを待つばかりになりました。
東武橋の状況
東武橋は凄い事に! → 
(CX1)     
私は業平橋駅から点灯を確認したら、西側の撮影スポットを歩いて吾妻橋を渡り、浅草から帰る予定でした。
で、業平橋駅から東武橋を見ると、歩道が凄い事になっていました(苦笑)。橋の2/3から向こう側(南側)に、まるで飴玉に群がる蟻のように人が集まっています。自動車は信号待ちで止まっていますが、事情を知らなかった運転者や同乗者は「何事だろう?」と思っていた事でしょうね。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

青空とスカイツリーと東武の電車

2010年10月02日 23:23

晴れ

早朝は雲が多く、時々第1展望台から上が低い雲に包まれてしまっていた東京スカイツリーでしたが、8時前後から天候が急速に回復しました。
スペーシアと東京スカイツリー
↑ 下りスペーシア (CX1)
お蔭で東武鉄道の特急スペーシア(100系)スカイツリーとのいい画が撮れました。
架線柱を引っ張るワイヤーが邪魔でしたが、まあ、仕方がないでしょう。
“りょうもう”と東京スカイツリー区間準急と東京スカイツリー
↑ 下りのりょうもう号(左)と区間準急 (CX1)
こちらは“りょうもう”(200系)と、区間準急(10000系列)です。
東街区高層棟もずいぶんと高くなり、独特の形状もハッキリしましたね。

手前の線路は上り線(浅草方面)なので、浅草駅に向かう電車を撮ると「ケツ撃ち」になります。気にしなきゃ構いませんが、“てつ”なら向かって来る列車を撮りたいものです。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
※2010年10月06日(水):加筆・修正。/同左:画像差し替え。